日本製鉄和歌山労働組合

日本製鉄和歌山労働組合は組合員の『安全と健康』の確保を最優先課題として活動に取組んでいます。

日本製鉄和歌山労働組合

会員

過去の挨拶一覧

  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 和歌山県和歌山市港11850番地
  • 電話番号
  • ファックス
  • 組合歌
  • 堺ブレイザーズを応援しよう

2018/19V・プレミアリーグ

生協ニュース

kumiaityou-1

組合長 池田祐輔

組合長挨拶

2015年08月31日

第49期
前半年度総括中央委員会挨拶

ご安全に!
まずは、この1年間労働組合の様々な活動に対しまして、ご理解とご協力を賜り誠にありがとうございました。
第49期前半年度の1年間を振り返り、総括をさせていただきます。
最初に「安全と健康」について触れておきます。
我々の最優先課題は「安全と健康」であり、この事については言わずもがなであります。
前半年度においては、冬と夏に実施している「節目の安全強化取り組み」や、全支部を対象とした「安全懇談会」を中心に、労使の垣根を越えて取り組みを展開して参りました。


結果として、この一年間で被災された方は、8月29日現在における統計内のカウントで、不休災害10件・休業災害1件となっています。
この数字をどの様に評価するかは難しい部分もありますが、「完全無災害製鐵所を目指す」と言う意味においては、まだまだ多くの課題があると言わざるを得ません。更に、年々厳しさを増す夏場の環境下において、熱中症が増加傾向にあり、今後さらに夏場の対策を強化する必要があると考えます。
また健康面においては、今任期がスタートして一ヶ月余りの間に3名の組合員の方がご逝去され、改めてメンタルヘルスを含めた健康管理の大切さと、難しさを痛感させられたところであります。風通しの良い職場環境の構築を目指し、取り組みを強化して参ります。


次に「組織課題」についてですが、昨年の4月1日に「和歌山製鐵所」と「堺製鐵所」が統合し、新たな製鉄所としてスタートをしました。これを受け、労働組合も11月1日に組織統合を果たし、「新生・和歌山労組」として歩みを始め10ヶ月が過ぎようとしていますが、この間多くの課題に直面してきました。
具体的には、「距離感の課題」や、「府県の違いによる課題」或いは、「旧組織の会議・行事の持ち方の違い」等々があり、決して楽な船出ではありませんでした。しかしながら、「守破離」をテーマとして真の融合を図るべく、互いに歩みより、そして理解に努めた結果、全体的には上々のスタートが切れたと評価しています。


- 2 -
次に「AP15」についてですが、「AP14」の基本年度において2年にわたる基本賃金の引き上げ回答が得られた事もあり、「個別年度」の取り組みとして緊急性のある要求項目は無いとの判断から、グループ各組織の支援を中心に取り組みを展開しました。
また、APとは直接関係ありませんが、今回の中期経営計画に併せて、一時金の業績連動方式の指標が「単独」から「連結」に見直され、成果還元の配分がより大きくなったと評価しています。
次に「政策課題」についてですが、この1年は多くの選挙が実施されました。
昨年11月には「和歌山県知事選挙」、年末の12月には衆議院が師走解散し「第47回衆議院選挙」が実施され、年明けの3月から4月にかけては「統一地方選挙」という事で、多くの候補者を推薦決定し、当選へ向けての取り組みを展開して参りました。しかしながら、今回も「民主」への逆風に加え「維新」の勢いが衰えない中で、非常に厳しい戦いを強いられましたが、我々の組織内候補である和歌山市議会の「そうがわ篤氏」においては、見事にトップ当選を果たす事が出来ましたし、基幹労連和歌山県本部・組織内候補である和歌山県議会の「浦口こうてん氏」、堺市議会中区の「木畑ただし氏」については予想以上に厳しい選挙戦の中、皆さんのご協力により何とか当選を果たす事が出来ました。改めて御礼を申し上げます。


また、それ以外にも「ユニオン杯」や「製鐵所祭り」或いは「種々のカンパ活動」等、多くの行事や活動にご協力を頂き、本当にありがとうございました。
そして、後半年度につきましても多くの課題が山積しています。
まず、10月1日には「NSUW(日鉄住金ユナイテッド和歌山)」の直営化により、770名を超える組合員の方々が新たに加わり、3,000名を超える組織となりますし、年明け3月11日には和歌山労組結成70周年を向かえ、4月15日に記念式典を予定しています。
加えて、7月には今期の大きな課題の一つである参議院選挙で、「とどろき利治氏」のリベンジを果たさなければなりません。
この様に、後半年度につきましても多くの課題を抱えての1年となりますが、更に深化した「新生・和歌山労組」が全員一丸となって、この難局を乗り切って参りますので、引き続きのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げまして、第49期前半年度を振り返っての総括とさせて頂きます。
ご安全に!

ページトップ
  1. 組合長挨拶
  2. トピックス
  3. 組織体制
  4. 役・職員体制
  5. アクセス
  6. リンク
  7. お問い合わせ

copyright© Nippon Steel all rights reserved.